阪神・糸井、今季は100点満点中「2点」と辛口自己評価 MBS「戦え! スポーツ内閣」収録参加

阪神・糸井、今季は100点満点中「2点」と辛口自己評価 MBS「戦え! スポーツ内閣」収録参加

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/06

阪神・糸井嘉男外野手(36)が5日、大阪市内でMBSテレビ「戦え! スポーツ内閣」の収録に、オリックス・金子千尋投手(34)と参加した。この模様は来年1月10日、午後11時58分から放送予定。

司会を務めるお笑いコンビ、ブラックマヨネーズの小杉らとの軽妙な掛け合いのなか、糸井は今季について100点満点中「2点」と超辛口な自己採点を口にした。

阪神移籍1年目で114試合で打率・290、17本塁打、62打点の数字を残したが「まず、1カ月以上、離脱したというのがあって。脇腹を肉離れして。そこが一番不本意でした」。7月17日の広島戦(甲子園)で五回の打席で空振りした際、右脇腹を押さえてベンチへ。その後、筋挫傷と診断されて2軍調整を余儀なくされた。

自ら“赤点”をつけた悔しさを晴らすため、来季に向けて着々と準備を進めている。来年1月に国内で行う予定の自主トレに、同番組の企画内で糸井2世に指名したオリックス・吉田正尚外野手(24)の参加を明かした。「1シーズン、フルで出たらすごい」と認める大器からの刺激も力に変え、鋼の肉体をさらに鍛え上げる。

同番組内では、金子との今季交流戦での直接対決を解説するなど、新春から“超人トーク”をたっぷり堪能できる。

No image

阪神・糸井とオリックス・金子(右)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1000人が選んだ「2017年の重大ニュース」ランキング
西武中村から巨人岡本へ「適当のススメ」伝授
松坂大輔が破格の“安売りセール”で阪神、中日に移籍打診?!
2年総額8億円で獲得!「巨人ゲレーロ」に託された重要な役割とは?
今季も二塁手の起用に苦しんだ巨人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加