メッシが代表引退宣言を反省。当時の心境は「戻りたいと言うのは恥ずかしかった」

メッシが代表引退宣言を反省。当時の心境は「戻りたいと言うのは恥ずかしかった」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/14
No image

代表引退時の心境を語ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、代表復帰時の心境を告白した。

メッシは昨年の6月、2年連続でコパ・アメリカ決勝の舞台でチリ代表に敗れたショックから代表引退を発表。この知らせは世界中のサッカーファンを驚かせたが、最終的には当時の指揮官エドガルド・バウサ監督やチームメイトの説得を受け、同年8月に復帰を発表していた。

この一連の騒動を振り返ったメッシは、アルゼンチンメディア『DirectTV Sports』のインタビューで当時の心境を明かしている。

「色々なことがたまった結果至った決定だった。でも代表にまた戻りたいと言うのは恥ずかしかったよ。すぐに後悔したんだ」

また、「僕が戻れるように尽くしてくれたという点で、バウサやチームメイトの存在はすごく大事だったんだ」と復帰に至るまでの舞台裏も明かした。

メッシはその後、苦戦を強いられながらもアルゼンチンの攻撃陣を牽引し、自らのゴールでアルゼンチンをロシアW杯出場へ導いている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ平然とハンド? GKが仰天の珍プレーで一発退場、海外唖然「ばかげている」
天才メッシも欲望には勝てず?「今でも時々○○で罪を犯す」
オーウェン氏、騎手デビュー戦で2着「馬がとてもよくやってくれた」
スター選手達の“美女”姿
「タダは人をダメにする」 本田圭佑が“無料反対”ツイートで持論「100円でも取るべき」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加