少年と少女の妖かし奇譚「柘榴ノ地獄」1巻、加筆修正や描き下ろしマンガも

少年と少女の妖かし奇譚「柘榴ノ地獄」1巻、加筆修正や描き下ろしマンガも

  • ナタリー
  • 更新日:2018/01/13

雲雀ヶ丘柿屋敷が裏サンデーとマンガワン(小学館)にて連載中の「柘榴ノ地獄」1巻が、本日1月12日に刊行された。

No image

「柘榴ノ地獄」1巻

怪力だけが取り柄の少年・蟻助は、不思議な光で人々の病を治す少女・ゆゆ子にほのかな恋心を抱いていた。しかし日に日に衰えていくゆゆ子は奇病にかかり、2人を数奇な運命へと導いていく。妖かしが蔓延る、いつかどこかの日本に似た国を舞台とした物語だ。単行本では連載時から約80ページにわたる加筆修正が行われ、紅雲太夫とコピの在りし日を描いた描き下ろし短編も収められた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
菅野文「薔薇王の葬列」イラスト集が6月発売、プリンセスで浦井健治との対談も
2018年1月16日:本日発売のコミック新刊
「ラーメン大好き小泉さん」日清カップヌードルとコラボしたクリアファイル配布
第158回芥川賞は石井遊佳「百年泥」と若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」、直木賞は門井慶喜「銀河鉄道の父」に決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加