中国人消費者、日本での年間購買金額は2.2兆円超 - 人気1位のアイテムは?

中国人消費者、日本での年間購買金額は2.2兆円超 - 人気1位のアイテムは?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

ルイスマーケティングは11月29日、2015年に中国人消費者が日本で購買した金額の総計予測を発表した。

越境ECサイト、売上1位はカルビー「フルグラ」

日本政府観光局(JNTO)によると、2015年の中国人旅行者による消費額は1兆4,174億円で、うち買い物に占める金額は8,089億円。また経済産業省の発表では、2015年に中国人が日本から越境ECで購入した金額は7,956億円に上る。

近年、急伸している中国の並行輸入(ソーシャルバイヤーによる販売)市場をみると、2014年は前年比100%以上伸びて3兆円。ルイスマーケティングが越境ECサイト「天猫国際」の国別売上から類推したところ、2015年時点における日本商品の売上は約6,000億円となる。

上記の結果、「中国人旅行者」「越境EC」「並行輸入」の3市場の合計は2兆2,045億円で、年間小売総額の4.4%を占める。また今後の伸びを合計すると、2018年の市場規模は4兆5,623億円、年間小売総額に占める比率は9.12%まで伸びると見込んでいる。

また、大手越境ECサイト「タオバオ」における日本商品の月間販売数量と金額をみると、月刊販売数量1位はカルビー「フルグラ」(13万2,400個、728万2,000元)、2位は花王「ビオレ日焼け止め(各種)」(8万4,000個、546万元)、3位はカネボウ「ビューティークリアパウダー(Suisai)」(5万個/内1粒バラ売りは2万個、293万元)となり、上位10アイテムの月間売上は6億1,193万円(為替レート:2016年3月)に達した。

No image

タオバオ売上上位10アイテム

なお、同社によると中国人消費者の実態としては「タオバオ」「天猫国際」での流通額の10~20倍は購入しているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
【CES 17】米ファラデー、テスラ対抗EVはミラーレスに
ランクル・バー & クラリティ・ツリー...東京京橋の新スポットでイベント
止まらないC言語の下落 - 12月言語ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加