渋滞、東名で一時65km ピーク過ぎたが車列は続く

渋滞、東名で一時65km ピーク過ぎたが車列は続く

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/11
No image

動画を見る(元記事へ)

高速道路は11日午前に渋滞のピークを迎え、現在も各地で長い車の列が続いています。

東名高速の下り線では午前7時前に、大井松田インターチェンジと御殿場インターチェンジの間で65キロの渋滞が発生しました。午前11時半現在、伊勢原バス停付近を先頭に32キロとなっています。東北道は矢板北パーキングエリア付近を先頭に43キロ、中央道は相模湖インターチェンジ付近を先頭に25キロなどとなっています。常磐道は千代田パーキングエリアを先頭に24キロ、関越道は東松山インターチェンジ付近を先頭に21キロとなっています。一方、中国道の宝塚東トンネル付近を先頭に36キロ、山陽道は笠井山トンネル付近を先頭に32キロとなっています。上りのピークは13日から15日の3日間に分散すると予想されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
職務質問中に車で逃走、一緒にいた知人男性はねられ死亡
砂浜に埋められた“炭”で小2男子が両足をやけど 「二度と同じ事故が起きて欲しくない」と家族・旅館が注意喚起
  • このエントリーをはてなブックマークに追加