エレコム、震度7でも大型液晶テレビやAV機器が倒れない「耐震ゲル」など発売

エレコム、震度7でも大型液晶テレビやAV機器が倒れない「耐震ゲル」など発売

  • MdN
  • 更新日:2018/02/13
No image

「耐震ゲル」

エレコム株式会社は13日、震度7クラスの振動試験をクリアし、大型液晶テレビやAV機器の転倒、落下を防止する耐震用品3シリーズ「耐震ゲル」「耐震ベルト(粘着テープタイプ)」「耐震ベルト(VESA穴ネジどめタイプ)」について、2月下旬に新発売すると発表した。

「耐震ゲル」(AVD-TVTGCシリーズ)はテレビなど用耐震ゲル。安全素材「コスモスーパーゲル」を採用し、液晶テレビやAV機器の底面に貼り付けると、地震の震動や衝撃を吸収して機器の転倒・落下を防止する。テレビのサイズや対応機器によって価格が異なり、2268円~(税込)。

「耐震ベルト(粘着テープタイプ)」はテレビの背面とデスクなどに接着して、前方への転倒を防止するアイテム。粘着シールを使って簡単に設置でき、ベルトの長さも調節できる。ラインナップは~40V型対応など3タイプで5735円~(税込)。

「耐震ベルト(VESA穴ネジどめタイプ)」はネジどめタイプ。テレビ背面にあるVESA穴を利用してベルトを取り付ける。ベルトの長さも調節でき、ラインナップは~40V型対応、~75V型対応の2タイプで5735円~(税込)。

発表資料
URL:http://www.elecom.co.jp/news/201802/taishin/
2018/02/13

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産と三菱自、仏国内へ製造移転シナリオ...ゴーン氏が仏政府に「売る」可能性
感情的な仮想通貨「批判」の罪...銀行を脅かすほどの「潜在力」、制度を育成すべき
4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きとは?
春節連休期間中、中国全土で延べ3億8600万人の観光客受け入れ―中国メディア
見た目はほぼドンキホーテ、スーパーとの提携1号店開店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加