鈴木杏ら“文学探偵”が宮部みゆき「孤宿の人」を深読み

鈴木杏ら“文学探偵”が宮部みゆき「孤宿の人」を深読み

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2018/02/14
No image

鈴木杏(女優)や高橋源一郎(作家)ら“文学探偵”たちが、2月14日(水)22時から放送の『シリーズ深読み読書会』(BSプレミアム)で、「宮部みゆき~時代小説の最高峰!?“孤宿の人”~」と題して、“宮部みゆきワールド”を解き明かす。同番組は、必読の作家・作品の魅力に迫る文学エンターテインメント。

SNSで話題沸騰!ヴィジュアル系バンドマン&赤ちゃんネコの現在

今回は、作家生活30周年を迎えた直木賞作家・宮部みゆき。『理由』『模倣犯』などのミステリーで有名だが、人情味溢れる時代小説でも人気が高い。その最高峰といわれ、宮部自身が「最も苦労した作品」と語る『孤宿の人』を深読みする。

舞台は江戸時代後期、宮部が創造した四国讃岐の・丸海(まるみ)藩。この小藩が、「悪鬼」「悪霊」と恐れられる流罪人の元勘定奉行を預かることに。その到着とともに、藩下を落雷、火災、疫病など怪異が襲う……渦巻く権謀術数、そこに生き生きと描かれる様々な身分の登場人物たち。クライマックスは城下を襲うカタストロフ!

果たして、どんなトークが展開されるのか? 鈴木、高橋のほか、関川夏央(作家)、谷津矢車(作家)、倉田真由美(漫画家)が出演する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『もみ消して冬』、日テレの「潔くもあざとい女性シフト」に賛否両論
「まるでロケ現場...」大杉漣さん急死、遠藤憲一らが病院で大号泣...ドラマ撮影続行を直談判か
大杉漣さん「ひとりでも欠けたくない」、『バイプレイヤーズ』のセリフに視聴者が涙
賞金山分けクイズ「グノシーQ」初回MCはとろサーモンに決定!クイズに全問正解して賞金最大100万円を山分けしよう
「復活を望む番組」調査、10傑にSMAP&嵐の番組が目白押しのワケ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加