最新ランキングをチェックしよう
「大気汚染物質PM2.5」日本で減少...中国の抑制策が効果〜新たな問題も

「大気汚染物質PM2.5」日本で減少...中国の抑制策が効果〜新たな問題も

  • ハザードラボ
  • 更新日:2017/11/14

2013-〜2016年の4年間平均のPM2.5濃度分布。
(b)〜(e)は、各年度平均PM2.5濃度から(a)の4年平均値を差し引いた濃度。2015年以降、濃度が低くなっていることがわかる(九州大学提供) 中国大陸から飛来する大気中の汚染物質PM2.5の濃度が、2016年にかけて大幅に減少し、改善に向かっている。九州大学の分析で、中国での抑制対策が、濃度低下に結びついている事実が明らかになった。米

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国人観光客のマナーの悪さに日本人が怒り―韓国メディア
高身長”神”ボディ松嶋えいみ、ポロリもミラクル「撮影中は全部出ています」!?
「退職届」を書いたあと、仕事がめちゃ楽しくなった!? その理由とは?
反町隆史、トラブルで1人きりロケに タカトシらが遅刻
【ケツ芸人】菊川怜がミニスカでスマホに座り「だぁ~い好き!」ソフトバンクがハズキルーペCMをパロディ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加