鳴門渦潮・三塁コーチの竹内が好判断!右目失明も仲間に支えられ克服

鳴門渦潮・三塁コーチの竹内が好判断!右目失明も仲間に支えられ克服

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/13

第99回全国高校野球選手権大会第5日第2試合(日本文理9-5鳴門渦潮、12日、甲子園)鳴門渦潮(徳島)は日本文理(新潟)に5-9で敗れ、1回戦で姿を消した。

いける!! 回れ!! 三塁コーチを務める鳴門渦潮の竹内虎太郎外野手(3年)が、的確な状況判断で仲間を本塁に導いた。2-7で迎えた四回二死一塁で鈴江が中前打を放つと、迷わず腕を回し、チームに3点目をもたらした。

「がんばってやっていれば、いいことが待ってると思った。最高の場所でした」

1年秋の練習中に打球を受けて右目を失明した。野球から離れかけたが「みんなが『焦らず、もう一回頑張ろう』と色紙に書いてくれた。不安な時も支えてもらった」と練習を再開。当初は距離感を合わせられなかった打撃も克服した。

試合前に、相手のシートノックを見て外野手の肩の強さなどを入念にチェックする。四回は、中堅手の体勢と練習中の中継を分析していた上での好判断だった。

今後も野球を続ける竹内の将来の夢は教師。「先生になって甲子園に戻ってきたい」と指導者として聖地に戻ってくることを誓った。 (臼井杏奈)

No image

走者・奥直人(背番号9番)に本塁突入を指示する鳴門渦潮・竹内虎太郎(奥)=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
NHK ニュースで広陵・中村の新記録6号を生中継できず「バッドタイミング」
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加