松山英樹、米初戦V候補ランク2位 石川遼は12位

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

米男子ゴルフの松山英樹(24=LEXUS)が18日、新シーズン初戦となるCIMBクラシック(20日開幕、マレーシア・クアラルンプール)で米ツアー公式サイトが選ぶ優勝候補「パワーランク」2位に選出された。

前週日本オープンで2位に3打差をつけて初の国内メジャー制覇を果たしたことや、昨季最終戦となったツアー選手権と昨年大会で5位になったことを紹介している。

同じくシーズンの初戦で、腰痛による長期離脱からの米ツアー復帰戦になる石川遼(25=CASIO)も12位にランクイン。日本ツアーでの直近4試合は優勝、2位、3位、7位とコンスタントに上位に絡んだことを評価している。

パワーランク上位10人は以下の通り。

◆1位:ポール・ケーシー(39=英国)世界ランク12位

◆2位:松山英樹(24=日本)世界ランク13位

◆3位:パトリック・リード(26=米国)世界ランク7位

◆4位:ライアン・ムーア(33=米国)世界ランク30位

◆5位:ジャスティン・トーマス(23=米国)世界ランク35位※昨年大会優勝

◆6位:ケビン・ナ(33=米国)世界ランク36位

◆7位:アダム・スコット(36=オーストラリア)世界ランク6位

◆8位:ゲーリー・ウッドランド(32=米国)世界ランク51位

◆9位:スコット・ピアシー(37=米国)世界ランク34位

◆10位:ブレンダン・スティール(33=米国)世界ランク57位

◆11位:セルヒオ・ガルシア(36=スペイン)世界ランク14位

◆12位:石川遼(25=日本)世界ランク102位

◆13位:エミリアノ・グリジョ(24=アルゼンチン)世界ランク25位

◆14位:安秉勲(25=韓国)世界ランク39位

◆15位:金シウ(21=韓国)世界ランク52位

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フェデラーにセレーナ、全豪は久々にスター選手そろい踏み
ジョコビッチ王座奪還へ練習時間「増やすべき」、ベッカー元コーチ
フェデラーとセレナはIPTL欠場
錦織 最終戦vsマレーが2位
IPTL シンガポール8日日程
  • このエントリーをはてなブックマークに追加