なでしこ永里の元同僚ドイツ人GKが闘病から復帰 「スーパーウーマン」とファン祝福

なでしこ永里の元同僚ドイツ人GKが闘病から復帰 「スーパーウーマン」とファン祝福

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/01/13
No image

バーミンガム所属のGKベルガー 昨年11月に甲状腺がんを宣告も手術は無事成功

イングランドの女子サッカー1部リーグ、FA WSL1のバーミンガム・シティ・レディースに所属するドイツ人GKアン=カトリン・ベルガーは、昨年11月に甲状腺がんとの診断を受けてピッチを離れていたが、手術を行い、現地時間11日に晴れてトレーニングへの復帰を果たした。英公共放送「BBC」が報じた。

ベルガーは2011年から13年まで母国ドイツのポツダムでプレー。なでしこジャパンFW永里優季とは元同僚だった。14年から16年まではフランスの名門パリ・サンジェルマンでプレーし、その後にバーミンガムへ渡った。昨年11月に甲状腺がんを宣告されていたが、手術は無事に成功した。

27歳のGKは自身のツイッターで「手術は本当に上手くいった。リカバリーに向かっている」とコメント。「もちろんプレーするまでには時間がかかるけど」としたが、無事に復帰したことをファンに報告した。

ツイートの返信欄には「スーパーウーマン」「素晴らしいニュース」「あなたは強いね」など、復帰を祝福するコメントが届いている。不屈の精神で戦ったベルガーの努力に、多くのファンが胸を打たれたようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
チェルシー、セリエA得点王獲得間近。ローマから伊代表DFとともに加入へ
GKが驚愕65mロング弾、世界仰天「見たことない!」 元アルゼンチン代表主将も反応
移籍噂の森岡亮太、クラブ会長は残留に自信「彼にはW杯という目標がある」
関根貴大が元SKE金子栞と結婚
サンチェスとムヒタリアンの大型トレードがついに成立! 気になる移籍理由も明らかに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加