「ニホニウム」森田浩介教授が喜びの会見

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01

元素周期表に新しく仲間入りした113番目の元素「ニホニウム」の発見で中心的な役割を果たした九州大学の森田浩介教授が1日、名前の正式決定をうけ喜びを語った。

九州大学・森田浩介教授「周期表というのは、科学のレガシー(遺産)であり、そのレガシーの中に日本という国名が入った元素が載ることが、非常に感慨深い…」

「113番元素」は、九州大学の森田浩介教授をはじめとする理化学研究所の研究グループが、2004年、人工的につくり出すことに成功した。化学者でつくる国際機関、国際純正・応用化学連合(=IUPAC)から発見者の森田教授のチームに命名権が与えられた。アジアでは初めての快挙。

5か月間の意見募集と審査の結果、IUPACは先月30日、名前を「ニホニウム」、元素記号は「Nh」とすると発表した。

森田教授「『ニホニウム』という元素記号を見て、子どもたちが誇らしい気持ちになって、少しでも科学に興味を持ってくれれば、非常に大きな意義を果たしたと思う」

森田教授は今後、周期表の119番と120番の新元素発見に全力を尽くしたいと意欲を見せた。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
生物と地球の歴史をフットボールフィールドを使って説明!
恐竜を絶滅させた巨大隕石の謎 最先端研究の“答え合わせ”はこれから
引きこもりはなぜ起こる?京大教授らがメカニズム発見
新種鉱物「ブンノアイト」と命名 高知の山中で発見
脳に電気刺激を与えて忘れた短期記憶を再生することに成功
  • このエントリーをはてなブックマークに追加