『ポッピンQ』、主人公の母親役に島崎和歌子! 小野大輔、羽佐間道夫も出演

『ポッピンQ』、主人公の母親役に島崎和歌子! 小野大輔、羽佐間道夫も出演

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

東映アニメーションが創立60年の節目に贈るオリジナル劇場アニメ『ポッピンQ』。2016年12月23日(金・祝)よりに全国拡大ロードショーとなる本作に登場するヒロイン・伊純(いすみ)一家のキャストが発表され、ゲスト声優として、高知県出身で高知県観光特使を務めている島崎和歌子、そして小野大輔さ、羽佐間道夫の出演が決定した。

No image
No image

高知県出身の島崎和歌子が声優初挑戦

島崎は声優初挑戦。高知県出身のヒロイン・伊純の母親役ということで高知県の方言、土佐弁を話せるキャストを探していたところ、島崎和歌子に白羽の矢が立ったとのことで、一緒にアフレコ収録を行った伊純役の瀬戸麻沙美には、その場で土佐弁のアドバイスも行ったという。

島崎が演じるのは、高知県出身の主人公・伊純の母親・恵理子。劇中では、典型的な高知の女性・母親として描かれ、多感な中学生の伊純を見守り、東京への転勤が決った夫を支えながら、引っ越しの準備や手続きなどをテキパキとこなしている。

■島崎和歌子のコメント
この歳になって、初めてのことにチャレンジさせていただけるとは思っていなかった。今回の役は、地元の言葉で話すということと、母親役ということで、お話がきまった後に、地元の母親や友人に電話しました。東京にいると方言のニュアンスを忘れてしまうので、思い出す意味で、というのと母親にはなったことがないので、"お母さん"ってどんな感じなんだろうと思って、友人が子供たちを叱っている様子見たり、自分の母親が私にどんな風に接してくれたかな、と思い出したりしてました。女性なら、女の子なら誰しも経験したことがあると思います。私たちの世代の方も、10代の頃を思い出すと懐かしいな、あの当時の友達は、みんな元気かなと思い出しました。胸いっぱいの青春ストーリーです。そして、土佐弁が溢れております。地元の高知の言葉を話すことができて、誇らしいのですが、皆さんもこの映画を見て、ふるさとを思い出していただけると嬉しいな、と思います。そして、思春期の女の子が、少し成長していく姿を見てほしいな、と思います。

小野が演じるのは、高知県出身の主人公・伊純の父親・俊平。劇中では、自身の仕事の都合で家族3人東京へ引っ越すこととなり、伊純の反感を買ってしまう。おっとりとした性格で、引越しの荷物をへらすことのできない優柔不断な男性である。

■小野大輔のコメント
高知県民として、島崎さんとの共演は本当に光栄なことです。まっこと嬉しいちや! ネイティブな土佐弁による夫婦の会話がナチュラルに作品と調和できるように、この作品のもつ温かさを表現できるようにと心がけました。素敵な作品に参加出来たことに感謝しています。

そして、羽佐間が演じるのは、高知県出身の主人公・伊純の祖父・元治。長年漁師として生き、伊純が唯一心を許し本音を打ち明ける事が出来る存在である。

No image
No image

伊純の父母

東映アニメーション創立60周年記念作品となるオリジナル劇場アニメ『ポッピンQ』は、2016年12月23日(金・祝)の公開予定。各詳細は公式サイトにて。

(C)東映アニメーション/「ポッピンQ」Partners 2016

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「君の名は。」ついに中国上陸!日本アニメ依然人気
「映画や小説のストーリーは全て同じルールに従っている」理論
ギレルモ・デル・トロ監督がコナミを痛烈批判―小島監督めぐり
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
【超高額バイト】バイオハザードが『日給8万1000円』のゾンビ警備員を募集しているぞーッ! 仕事も報酬もオイシすぎる!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加