最新ランキングをチェックしよう
グラフェンの厚さの違いと電子の動きは関係している - KEKなどが観察に成功

グラフェンの厚さの違いと電子の動きは関係している - KEKなどが観察に成功

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15

高エネルギー加速器研究機構(KEK)、東京工業大学(東工大)、フランス国立科学研究センター(CNRS)、ピエール アンド マリー キュリー大学などで構成される研究グループは9月15日、一般的に使われている方法で作成されたグラフェンの結晶構造の違いに由来した電子輸送特性の観察に成功し、構造と電子輸送特性を直接関連付ける結果を得たと発表した。

同成果はKEK 物質構造科学研究所の福本恵紀 特任助教、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
かつて南極では木々が生い茂っていた?南極で2億8000万年前の森の化石を発見(米研究)
「世界初の人体頭部移植に成功」とイタリア人医師が中国で主張、しかし疑念の声は消えず
【ガチ】「19日、ニビル最接近で月がなくなる」NASAトップ学者が警告!? スペースXもニビル対抗計画発動、磁場影響でM7地震連発
世界で最も引用された論文トップ100件のうち65件は有料化されていて「誰でもアクセスできる状態」ではない
太陽系誕生時の有機物を含む隕石の非破壊分析に成功 - 阪大ら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加