[NB CHAMPIONSHIP U-16]“堅守”昌平に軍配!市船撃破の横浜創英にウノゼロで決勝進出!

[NB CHAMPIONSHIP U-16]“堅守”昌平に軍配!市船撃破の横浜創英にウノゼロで決勝進出!

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/18
No image

[9.17 NB CHAMPIONSHIP U-16 横浜創英高 0-1 昌平高 時之栖うさぎ島B]

全国大会級のU-16大会、「newbalance CHAMPIONSHIP U-16/2017」は17日午後に準決勝が行われた。4試合15得点と得点力が爆発している横浜創英高(神奈川)と4試合無失点の昌平高(埼玉)の対戦は1-0で昌平が勝利し、決勝進出を決めた。昌平は18日に行われる決勝で静岡学園高(静岡)と戦う。

悪天候の中、それぞれの特徴である技術力、ポゼッションといった部分を生かすことができない中で工夫をしながらの戦いとなった。

立ち上がり攻勢を仕掛けたのは昌平。前半2分、タッチ数の少ないパス回しから右サイドを攻略し、FW大竹琉生がペナルティエリアにグラウンダーのパス。フリーで受けたMF鎌田大夢が右足を振り抜くも、横浜創英GK梅澤亘がファインセーブで逃れた。

横浜創英もMF坂岸寛大、FW野澤陽登らがドリブルで仕掛けて積極的にゴールへ向かい、市立船橋高との1回戦で4得点と爆発したFW亀山陽有前線で脅威になり続けるが決定機をなかなか作ることができない。

すると、前半16分、自陣でボールを奪ってのカウンターに素早く反応した昌平FW山内太陽がハーフラインからドリブルを開始。DFを引き連れながらも快足を飛ばしてペナルティエリアまで侵入する。そして、右エリアから内側に仕掛けたところで横浜創英DFのスライディングを受けてPKを獲得した。

山内自らキッカーを務める。右足で中央低めに放ったシュートは、横浜創英GK梅澤が左足1本でシャットアウトするも、キックする前にラインから離れたと判定され、蹴り直しとなる。再び山内がキックすると、今度は左隅にきっちり沈め、先制点を奪った。

後半に入ると、ピッチ条件を考え、互いにシンプルに蹴り出す展開が増えていくが、決定機を作るには至らない。

試合終盤に近づくにつれて横浜創英は圧力を増していく。後半26分、右ロングスローからゴール前で混戦をつくり、こぼれ球をMF須田幸志郎が強烈なミドルシュートを放つが、わずかに左に逸れる。後半27分、28分と立て続けにCKを得てゴール前で混戦を作るが、昌平はDF西澤寧晟を中心に粘り強く守り、横浜創英の攻撃を跳ね返し続けた。

最後までに集中力を切らさなかった昌平守備陣が踏ん張り、1-0で横浜創英に競り勝った。ピッチコンディションが悪く、昌平の持ち味を出せたゲームとはいかなかったが、それでも柔軟に戦い方を考えながら、失点ゼロを継続しての勝利。得意な型を封じられても勝つ経験は自信につながる。決勝でもさらなる成長を得るために、優勝を目指す。

(取材・文 石井健太)▼関連リンク

【特設ページ】newbalance CHAMPIONSHIP U-16/2017

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
際立つ成績を残した名手は? 英紙がプレミアリーグ「国籍別トップスコアラー」を紹介
「もう答は出た、オカザキがベストだ!」 レスター地元紙が巻き返しの最重要キーマンに指名!
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
終盤に強いインテル、ダンブロージオがゴールをこじ開け勝利...長友は出番なし
ダンブロージオの決勝点でインテル勝利、ミランはサンプに敗戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加