星野さん「野球を身近なものに変えようや」/連載

星野さん「野球を身近なものに変えようや」/連載

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

97年6月、初スタメンの筒井壮(右)を出迎える中日星野監督

<星野のDNA(7)>

阪神筒井壮2軍守備走塁コーチ(43)は昨年末、星野氏に呼ばれ、兵庫・芦屋市の自宅を訪ねた。星野氏の姉の息子で、「叔父」と「おい」の関係になる。本人から病気の話は聞いたことはないが、両親から、うすうす知らされていた。そんな中、2人きりで約3時間、話し込んだという。それは野球界への「遺言」ともいえる内容だった。

「野球を身近なものに変えようや…。ちょっと野球というスポーツが特別なものになり過ぎている。このままでは衰退していく」

かつては空き地で多くの子供たちが野球に夢中になっていた。狭い場所や少人数では「三角ベース」という遊びもあった。それが今では、キャッチボールやバットの使用を禁止する公園が増えた。野球を始めても、親の負担は大きい。「少年野球をやる中でも、親がついていかないといけない、とか、それは違うんじゃないか」と星野氏は疑問を投げ掛けたという。

スポーツと触れ合う、いわば「入り口」に当たる園児や小学生が野球を選択しづらい状況になった。「とにかくもっと身近にな」と力を込めた。話し終えた後、筒井コーチは家族から感謝された。「ありがとうね。あれだけ話をして、もしかしたら、体がきつかったかもしれないが、それを忘れさせるぐらい楽しい時間だったと思う」。3時間の対話では、笑いながら自らの現役時代を懐かしむ場面もあった。そして野球界の将来を案じた。死の直前まで、人生をささげた野球と向き合っていた。

星野氏は生前、有形無形の財産を数え切れないほど残した。筒井コーチは言う。「大きなことは言えないが、少しでも遺志を引き継いで、自分のことだけじゃなく、周りの人々をどうやって幸せにしていけるか。この野球界を発展させるために尽力していきたい。叔父は恩返しの精神がすごい方なので、しっかり引き継いで、やっていくしかないと思う」。そのDNAを受け継いだ人々が、今後の野球界を支えていく。【田口真一郎】(おわり)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
井口新監督が平沢大河に指摘した重要なポイント
地元・仙台で駆け抜けた7年間 愛された元楽天29歳の足跡
12球団屈指の顔ぶれ? 昨季HR王&米ドラ1右腕が加入した巨人の助っ人陣容
日本ハム・清宮、1軍決定!フィリーズ・大慈彌スカウト絶賛「タイプ的にはA・ゴンザレス」
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加