千原ジュニアも苦言!改めて浮き彫りになった宮迫博之の“小物”ぶり

千原ジュニアも苦言!改めて浮き彫りになった宮迫博之の“小物”ぶり

  • アサジョ
  • 更新日:2019/06/25
No image

お笑い芸人13人が反社会的勢力の忘年会や誕生会に参加してギャラをもらっていた疑惑で、芸人らはこぞって当初否定していたギャラの存在を認め、所属事務所である吉本興業とワタナベエンターテインメントは謹慎処分を言い渡した。

今回、特に注目を浴びているのがこの一件での最年長で、もっとも収入が多いと思われている「雨上がり決死隊」の宮迫博之だ。

宮迫は「この度は世間の皆様、関係者の皆様、並びに番組・スポンサーの皆様に大変なご迷惑をおかけし申し訳ございません。そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております。相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです。詐欺集団、そのパーティーに出演し盛り上げている自身の動画を目の当たりにして、情けなく、気づけなかった自身の認識の甘さに反省しかございません。どれぐらいの期間になるか分かりませんが、謹慎という期間を無駄にせず、皆さんのお役に立てる人間になれるよう精進したいと思います。改めて誠に申し訳ございませんでした」と謝罪コメントを発表したのだが、このなかにも本当に反省しているのか、疑わしく思われる部分があるという。

「情報番組『ビビット』(TBS系)でも、千原ジュニアが指摘していましたが、『間接的ではありますが』と言い訳じみた文言が入っているのです。ジュニアは『そんな言葉はいらない。本当に申し訳ございませんでしただけでいい』と苦言を呈し、さらに『質疑応答込みの記者会見をやるべき』と提言しています。宮迫のコメントにはネット上でも『序列的に最も責任を感じなければいけないのに最も往生際が悪い』『不貞の時もうやむやにしていた』『自分を守るために必死だな』など、小物ぶりを露呈したコメントにあきれ返っているようです」(芸能ライター)

宮迫の場合、不貞騒動に続く不祥事だけに、今回の「闇営業」と「ウソ説明」は、厳しく“断罪”されても仕方ないのだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
吉本興業と衝突してテレビから干された大物芸人の嘆き「そんな状態が12年近く続いている」
『スッキリ』阿部レポーター、加藤浩次の発言を岡本社長にぶつける
れいわ新選組・山本太郎代表の「開き直り発言」に池上彰も絶句!
加藤浩次、松本人志へ「後輩ながら言わせていただきます」 経営陣刷新への強い思い
加藤浩次、松本人志に呼びかけ「新しい会社を松本さん中心に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加