昆布でできた棒3本を産道に入れ...水野美紀が明かした出産体験に驚きの声

昆布でできた棒3本を産道に入れ...水野美紀が明かした出産体験に驚きの声

  • アサジョ
  • 更新日:2018/11/09
No image

11月9日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)にゲスト出演した水野美紀。2016年6月に俳優の唐橋充と交際3カ月でスピード婚したことを「3回目に会った時は結婚の話をお互いにしていた」と振り返った。唐橋と出会った時点で41歳だった水野は当初、妊娠をあきらめていたそうだが「42歳の後半で妊娠して、妊娠を知ったらとても嬉しくて。産んだ時は43歳になってましたから、超高齢出産だったんです」と笑顔を見せた。

また「産道が開かなかったので、昆布でできた細い棒3本を産道に入れる処置をしてもらって、ひと晩で産道を3センチほど開いてから、病院にある和室で布団を敷いて、そこによつん這いになって出産しました」「頭が出てきたらそこで『いきむのをやめて』って言われて、私の手を出てきた赤ちゃんの頭に誘導してくれて、(赤ちゃんの)髪の毛を触らせてくれて」「ダンナが(出産シーンの)写真を上から撮ってたんですけど、頭が出たらそこからはロケットみたいにスポンと出てきたんで、(写真を撮っていたが決定的瞬間は写真に収めることはできず)フレームアウトしてました」など、出産にまつわる具体的なエピソードも数多く語り、司会の黒柳徹子を何度も爆笑させた。

「水野の出産エピソードはあまりに具体的で、昆布でできた棒を産道に入れて水分を吸わせて産道を開かせる処置のことを夫に話すと『ダシが出ちゃうね』と言われたことまで明かしていました。司会の黒柳は終始笑い続け『それ、東京の病院?』と同じ質問を2回繰り返していましたね。ネット上でも『水野美紀の出産体験おもしろすぎる!』『神秘的な要素ゼロな出産話に涙が出るほど笑った』『産道に昆布の棒が衝撃的&大笑い』など、笑いと驚きの声が続出したようです」(テレビ誌ライター)

11月10日スタートの土曜ナイトドラマ「あなたには渡さない」(テレビ朝日系)で木村佳乃演じる通子の夫・旬平(萩原聖人)を奪おうとする「旬平との不貞歴6年」の多衣を演じる水野。こちらも水野の出産秘話以上に面白くなりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高畑淳子が息子・裕太に意外な国家資格取得をさせていた
エッチすぎ!『AKB48』“パンチラダンス”にお茶の間が凍結
大塚愛 SUとの離婚を発表!「耐えがたい毎日」と明かす
【大差】1000人に聞いた平成で最も輝いていた芸能人「SMAP」「明石家さんま」「ダウンタウン」を抑えて1位になったのは納得のあの人!
高樹沙耶の“怖すぎる”ツイートにネット戦慄 「これが大麻のデメリットか」の声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加