「性欲」が強い夫...離婚を考える妻に、江原啓之が助言

「性欲」が強い夫...離婚を考える妻に、江原啓之が助言

  • TOKYO FM
  • 更新日:2018/12/11
No image

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回番組では、旦那の浮気で離婚を考える方からのメッセージを紹介し、江原が“ことば”を届けました。

◆男性ホルモンには勝てない

「私は23歳。専業主婦です。結婚して3年。子どもはいません。実は昨年、旦那さんの浮気がわかり、離婚を考えています。浮気の相手は不特定多数。発覚した当初は、怒りと淋しさでコントロールできないほどでした。現在は少し冷静に考える余裕ができ、振り返ってみると、私自身も妻として旦那さんの理解者になれていなかったことに気づき、私にも浮気の原因があったと思います。ですから今は、妻としてできる最善を尽くしています。絶対にもうしないと誓う旦那さんを疑うわけではありませんが、男性ホルモンには勝てないと思うし、人より性欲が強いため、それを私で制御し続けるという夫婦生活を考えると、お互いのためにも離婚したほうがいいと結論を出しました、しかし、離婚するにあたって、旦那さんを可哀想に思う感情があります。どうしても一歩が出せません。未練なく強い意志でお別れするには、どうすればいいでしょうか」

◆江原からの“ことば”

「23歳で若い。仕方がないよね。そこで言えるのは、この旦那さん、ふたつのことが言える。ひとつは、大人になれていない。大人だったら自制心が働く。子どもさんもいないし、まだどこかで独身気分だと思う。もうひとつは、浮気の相手は不特定多数で、男性ホルモンに勝てないというタイプの人は、もうダメです。普通の人より性欲が強い人はいると思う。私は男性誌の連載もしていたので、こう例えるのですが、車でいうと馬力が強く、エンジンがバカデカい車。馬力が強い同士でうまくいく場合もある。ただ言えるのは、自分でコントロールしなさいということ。誰にも迷惑をかけない、ということが大事。それができないのであれば、まだお子さんもいないし、今のうちにあなたも考えられたほうがいいかもしれませんね。愛して一緒になったのだから、相手に感情もあるでしょう。けれども、そこでやはり、今考えるべき。相手の性欲が強いのはいいけれども、それを抑えられない心。夫婦の問題に関しては、越えられるものか、越えられないものかをよくお考えになったほうがいいかもしれません。頑張ってくださいね」

◆江原啓之 今宵の格言

「あなたは愛されたいですか? それとも愛したいですか?」

「愛とは依存せず、見返りを求めないことなのです」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】

番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り

放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25

エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55

パーソナリティ:江原啓之

番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
絶対に買ってはダメな投資信託5つ...金融機関窓口の「オススメ」も絶対NG!
毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます
“完全に終わった街”築地場外に人がいなくなった......「そもそもスーパーの方が安いし美味い」
東名あおり運転事故に見る、煽る側と煽られる側の特徴を元トラック運転手が解説。
無印の着る毛布は保温性バッチリで最高なのだ... これがあれば寒い朝だってへっちゃらさ!|マイ定番スタイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加