上地雄輔セリフ2倍...吉川“沈黙の侍”で余波?「多いときは台本10ページ分」

上地雄輔セリフ2倍...吉川“沈黙の侍”で余波?「多いときは台本10ページ分」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/03/26
No image

主演を務める吉川晃司(左)と上地雄輔

歌手で俳優の吉川晃司(52)が7月放送開始予定のWOWOWドラマ「黒書院の六兵衛」で17年ぶりに主演を務めることが25日、分かった。吉川はしゃべらない武士を演じ、実際にセリフがほぼない異例の役柄。吉川演じる六兵衛を排除する任を負った武士、加倉井隼人を演じた上地雄輔(38)は、吉川にセリフがない分、通常の2倍ほどのセリフ量に。「多いときは台本10ページ分もあって、むちゃくちゃ大変。受験生みたい」と苦笑した。

吉川も「もはや落語の域。心の中で感謝応援しています」と奮闘をたたえた。上地は阪神、吉川は広島ファンという野球好きとあって、上地は「バッテリーを組んでいるよう。始球式に2人で出られたら」と笑顔で語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
嵐が出演する日立の新CMシリーズが始動! 第1弾は相葉雅紀が“ハピネス”を擬人化!?
「下品にもほどがある」「不愉快!」食べ物で批判噴出、“マナー違反”のテレビ番組
『花のち晴れ』松本潤の「老けぶり」が衝撃的...井上真央との共演思い出されザワつく
山口達也がパワハラ発言!? 『ザ! 鉄腕! DASH!!』スタッフのフォローに称賛の声
「コンフィデンス-」3話で東出ボクちゃん人気過熱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加