三菱自会長に日産のカルロス・ゴーン社長が就任へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

経営再建に揺れる三菱自動車の会長に、日産自動車のカルロス・ゴーン社長が就任する人事が固まったことが分かりました。

関係者によりますと、三菱自動車の益子修会長の後任に日産自動車のゴーン社長が就任し、日産の最高経営責任者と兼任するということです。年内に正式決定する予定です。日産自動車は燃費データの不正問題を受け、三菱自動車の株式の34%を取得することで基本合意していますが、出資後はゴーン氏自ら指揮を執り、三菱自動車の再建を目指すことになります。すでに日産自動車の山下光彦元副社長が不正のあった開発部門の役員に就任していますが、出資に伴い、新たに日産側から4人の取締役が送られることも決定しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタ「ルーミー・タンク」1カ月で3万5000台受注
日経平均上昇“トランプラリー”で積極投資
アストンマーティンとレッドブルのハイパーカー、「AM-RB 001」...150台が完売
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
観光客、呼んだはいいが“無責任”エジプト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加