平松愛理 23回目の震災復興ライブ「忘れられては困る人がいる」

平松愛理 23回目の震災復興ライブ「忘れられては困る人がいる」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/14
No image

阪神・淡路大震災の復興支援へ思いを込めて歌う平松愛理=神戸市のジーベックホール(撮影・後藤亮平)

神戸出身の歌手・平松愛理(53)が13日、阪神・淡路大震災から23年となるのを前に同市のジーベックホールで震災復興ライブ「1・17 KOBE MEETING2018」を開催した。

震災後からはじめた「KOBE MEETING」は今年で23回目。今年はテーマに「仲間」を掲げ、震災後に発表した「美し都~がんばろやWe love KOBE~」「部屋とYシャツと私」などを約2時間半にわたって熱唱。ライブでは、曲に合わせて「東北、がんばろうや」と東日本大震災の被災地にもエールを送った。

今年のステージには昨年4月に亡くなったという中学・高校時代の恩師の存在も大きかったという。「先生の授業が私が取り組んでいるライブにつながる何かをくれたのかなと思っています」と話し、涙ながらに追悼歌唱すると会場にも温かい拍手が広がった。

テーマを「仲間」としたのも、恩師の「人と人とが支え合うことが大切」との教えからだったという。ライブの収益金は震災遺児への支援などに充てられるといい、平松は「人は人でないと支えられない。1人じゃない。仲間がいる」と訴えた。震災からまもなく23年を迎えるが「風化が進んでいる。誰かが伝えていかないといけないし、忘れられては困る人がいる。『私たちは覚えているよ』と声に出したい」と強く訴えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
星野源の最新シングル、タイトルは「ドラえもん」!
世界的トップDJ、ART DEPARTMENTが約2年ぶりに来日
一番好きな「平成の大ヒット曲」3位福山、2位小田、では1位は?
JC・JKが選ぶ2018年トレンド予測に「BLACKPINK」
使い切ると美しい作品が完成 アーティスティックなメモ帳「OMOSHIROI BLOCK」が登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加