ストレスの低い人ほど年賀状を送ることを重視する?

ストレスの低い人ほど年賀状を送ることを重視する?

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/06

今年も残りわずか。メディプラス研究所の「オフラボ」は、全国14万人(男女各7万人)を対象に毎年行なっている「ココロの体力測定」から、「年賀状」に関する結果をまとめた。90のストレス要因項目から30項目の「プレゼント習慣」を抽出。「あてはまる・どちらでもない・あてはまらない」より、「あてはまる」の割合を示した。

No image

◆高ストレス者と比べ、低ストレス者は「年賀状」を送ることを重視

低ストレス者が行っている「贈ること」への意識の上位5つを見ると、第1位だったのが、「知人宅にお邪魔するときには手土産を持参する」と、日常のさりげない気配りを大切にしていることがわかった。3位の「人に喜んでもらうのが好き」にもつながるものがある。

第5位には「年賀状はしっかりと贈る(送る)」が入りましたが、低ストレス者の意識の高さ(高ストレス者との比較)で見ると、5つの中では最も高い数値に。特に女性が高い傾向だった。

No image

◆親しい人を思う“気持ち”だけでもストレスオフに

2017年の「ココロの体力測定」では、高ストレスと低ストレス者との比較で、高ストレス者の方がより「デジタル依存」傾向にあるという結果が出ている。また「人とのつながり」の自己満足度では、「リアルな人間関係」において、「満足している」低ストレス者が、高ストレス者の3倍以上という結果だった。

触れ合わなくても、大切な人を思うだけでストレスオフに役立つオキシトシンが分泌されることがわかっている。メールやSNSでたくさんの友人・知人に送る“あけおめ”メッセージもいいが、今年はより「贈る」ことを意識して、親しい人だけにでも年賀状をしたためてみてはいかがだろうか。
※通称・愛情ホルモン。ストレスをコントロールする中枢である視床下部を鎮静化し、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの分泌を抑制、癒やしをもたらす。

<高ストレス者と低ストレス者のデジタル依存傾向>

No image

<「人とのつながり」自己満足度>

No image

【調査概要】
方法:インターネット調査
期間:SCR調査 SCR調査 2017年2~3月⇒本調査 2017年4月

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】油性マジックだけで全塗装した車を「洗車機」に通してみた結果
アラフォー風俗嬢が語る「女の夢精」......今から間に合う、“初夢”で夢精する方法
【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果...嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」
ニトリが断然おすすめ!超斬新・驚きの「カラーボックス」活用術
「こんなはずでは...!」マイホーム購入後に発覚したトラブル6つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加