レアル10年在籍のマルセロが祖父に感謝「彼がいなければ、僕はここにいない」

レアル10年在籍のマルセロが祖父に感謝「彼がいなければ、僕はここにいない」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/09/16
No image

レアル・マドリーのDFマルセロ【写真:Getty Images】

レアル・マドリー所属のブラジル代表DFマルセロが、サッカー人生を支えてくれた自身の祖父に感謝の意を示した。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

2007年にブラジルのフルミネンセからレアル・マドリーに加入したマルセロは、先日クラブとの契約を2022年まで延長しており、10年間在籍したクラブと歩みを続けることを決意している。

10年という長い期間在籍できたことの要因として、マルセロは祖父の存在が大きかったことを明かしている。

「おじいちゃんとは悪い思い出が全くないよ。今は家族が成長し、僕が仕事で幸せを感じているのを見て嬉しがっていると思う。僕はここに10年もいることができて本当に幸せに思う。彼がいなければ、僕はここにいなかっただろう」

同紙では、幼少期から孫のサッカーをサポートし続けた祖父が、練習場への送り迎えはもちろん、定年退職後も孫のために働き続けてきたというエピソードを紹介している。現在マドリーの副主将を務めるまでに成長したマルセロは、祖父の思いをしっかりと受け止めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアル辛勝も新記録を樹立
PSGのアウベスが罪滅ぼし? キッカー騒動後の雪解けに向け食事会を自ら計画中
BMW X2、プロトタイプがミラノに出現...メーカー「拡散希望」
長谷部と鎌田の日本人コンビが揃って先発も...フランクフルト惜敗 今季初の連勝ならず
レアル、今季ゼロ得点のアラベスに1点献上も...若手MFの2ゴールで競り勝つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加