トヨタ カローラフィールダー/アクシオ、パーキングサポートブレーキを新設定

トヨタ カローラフィールダー/アクシオ、パーキングサポートブレーキを新設定

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/11
No image

トヨタ カローラフィールダー ハイブリッドG(ホワイトパールクリスタルシャイン)

もっと画像を見る
トヨタ自動車は、『カローラフィールダー』および『カローラアクシオ』をマイナーチェンジし、10月11日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新設定。衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ センスC」も全車標準装備とし、予防安全装備を充実させた。またスマートエントリー&スタートシステムの設定を拡大したほか、クルーズコントロールを新設定した。

またハイブリッド車は、エンジン・モーター・インバーターなどの制御を改良することで燃費性能を向上、34.4km/リットルを実現した。

エクステリアでは、フロントバンパーやグリルの意匠変更により、スポーティで上質なデザインに磨きをかけ、よりスタイリッシュに進化。インテリアでは、助手席側インストルメントパネルにメッキ加飾を施したほか、カローラアクシオの「ハイブリッド」「1.5X」「1.3X」のシート色にブラックを採用し、質感を高めた。

ボディカラーはW×B専用色のほか、カローラフィールダー・カローラアクシオぞれぞれの特徴にあわせた各9色を設定。カローラアクシオにはアバンギャルドブロンズメタリックとクールボルドーガラスフレーク(オプション設定)を新設定した。

価格はカローラフィールダーが164万1600円から253万6920円。カローラアクシオが150万5520円から248万2920円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京モーターショー2017】マツダは次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を出展
印字も読めないボロボロのICカード乗車券、きれいになる?
ホンダ CB400SF 新型発売...最高出力56psへアップ、新排ガス規制にも対応
【東京モーターショー2017】トヨタが『TS050 HYBRID』『CROWN Concept』などを出展
【魔改造】スーパーバイク「スズキ・GSX−R1000」のエンジンを積んだ自動車の走行音が大迫力すぎてヤバい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加