仙台育英、滝川西に15点大勝 8回連続で初戦突破

仙台育英、滝川西に15点大勝 8回連続で初戦突破

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/12
No image

仙台育英対瀧川西 1回表仙台育英1死二塁、先制の左越え本塁打を放つ山田(撮影・鈴木みどり)

<全国高校野球選手権:仙台育英15-3滝川西>◇12日◇1回戦

2年ぶり26回目出場の仙台育英は、毎回の18安打で15得点を挙げ8回連続で初戦を突破。東北勢悲願の初Vへ好発進した。

序盤、仙台育英が豪快に得点を重ねた。1回、3番山田が左翼へ大会18号となる2ラン本塁打で先制。2回には敵失などでつかんだ無死二、三塁で9番、投手の長谷川が右翼へ3ランを放ち、5-0とリードを奪った。

滝川西は1回から4イニング連続で先頭打者が出塁。だが送りバントで走者を進めることができず、攻撃のリズムをつかめない。

仙台育英は中盤に追加点を挙げた。5回、相手守備のミスなどで無死二、三塁。2死となるが8番斎藤が三遊間を破る。2者が生還し、2点を加えた。6回も相手ミスに乗じる。野選などで1点を奪うと、5番杉山の2点三塁打も飛び出し、この回1安打で3点。得点を2桁に乗せた。

7回、仙台育英は2二塁打などで2点。その裏、滝川西にチャンスが巡ってきた。3四死球で2死満塁。初めて得点圏に走者を置いた場面で、9番竹原の打球が右中間を破る。3人の走者が生還した。

攻め手を緩めない仙台育英は8回に2点、9回にも1点を追加した。

19年ぶり3回目の出場の滝川西だったが、攻守にミスが痛かった。春夏通じての甲子園初勝利はならなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「スター不在」の甲子園を盛り上げる広陵の中村VS仙台育英
仙台育英逆転サヨナラの裏に杉山拓海ノーサイン二盗
仙台育英、大阪桐蔭戦での「蹴り疑惑」 日本文理戦でもとネットで騒動拡大
1大会5本塁打の記録持つ清原 甲子園決勝で桑田に言ったひと言
「甲子園の土、その後どうしてますか?」 元甲子園球児たちに聞いてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加