超充実!夏の札幌旅でしたい、3つのこと

超充実!夏の札幌旅でしたい、3つのこと

  • SPUR
  • 更新日:2017/08/11

あまりにも暑すぎる東京に嫌気がさし、夏の札幌旅へ行ってきました。週末を利用してのショートトリップなので、やりたいことは絞るというのが鉄則。行ってみて楽しかったおすすめスポットとともに、札幌旅を振り返りたいと思います。これさえおさえておけば、たとえ一泊二日でも充実すること間違いなし!

その① 札幌国際芸術を思い切り楽しむ

No image

モレエ沼公園にあるガラスのピラミッド。中には巨大な黄色いバルーンが

8月6日から音楽家の大友良英さんがゲストディレクターを務めている、札幌国際芸術祭がスタートしました。猛暑ではない、初夏のような清々しい気候の中、様々なアートを堪能できるなんて最高! というわけで、いくつかの会場を巡ってみました。メイン会場のモエレ沼公園は必見。ガラスのピラミッド内には大友さんや、ナムジュン・パイクさんの作品が展示されています

No image

大友良英さんの作品「Sound of Music」

他、市内のあちこちでも展示やイベントが企画されており、参加アーティストは吉増剛造さんや、本誌でも取材でお世話になったことがある写真家の石川直樹さん、アイヌの伝統歌を今に伝える女性ヴォーカルグループ、マレウレウなども名を連ねています。

No image

札幌宮の森美術館にて、サハリン、白老(登別)、知床エリアを撮影した写真が展示中

使用されていたギアや、スタイルの変遷を展示しながらスキーと札幌、そしてそこに住む人がかかわってきた歴史をつまびらかにするこんなタイトルの展示も。思わず親近感。シュプールとは、ゲレンデに描かれた軌跡という意味があるのです。

No image

地下鉄大通駅とバスセンター前駅をつなぐ地下コンコースを展示スペースにした500メートル美術館にて

そしてつい見入ってしまったのが、『北海道の木彫り熊~山里稔コレクションを中心に』展。かつては人気の北海道土産だった木彫り熊。今は土産ものとして買う人は激減してしまった、この木彫り熊の歴史を振り返るとともに、再び光を当てる展示内容でした。手彫りの熊の表情も姿も作り手によって本当に様々。一体一体見れば見るほど愛情がふつふつとわいてきて、これまでの木彫り熊のイメージが覆されます。

No image

札幌市資料館にて。とにかく体数が多くて圧巻!名作木彫り熊が一堂に

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネタバレ注意! 『君の名は。』を絶対にブサイクが観てはいけない理由
最年少は4歳! 際どいハイレグも着こなす「女児下着ショー」に非難殺到
“ビューティーバスト”の水着美女集団が限定ユニット結成
浅利陽介、比嘉愛未を隠し撮り!“爆睡中"ショットを公開
不倫の宮迫博之、日テレ番組降板...スポンサーから要請、テレビ局が一斉に起用自粛の動き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加