ネクタイに「針」混入のおそれ 回収・販売中止へ タカキュー

ネクタイに「針」混入のおそれ 回収・販売中止へ タカキュー

  • ハザードラボ
  • 更新日:2018/01/11
No image

タカキューのネクタイに針混入のおそれ(タカキュー)

衣料品大手タカキューは、昨年末から今月9日まで販売したネクタイの一部に針が混入しているおそれがあるとして、販売済みの商品351点を回収することを発表した。

リコールの対象となるのは、全国のタカキュー系列の紳士服店で昨年12月29日から今月9日にかけて販売した「アンドリューズタイズ(Andrew’s Ties)」ブランドのネクタイ(全16色/9990円+税)。

この間に販売した351点のネクタイで針が混入している可能性があることが判明した。同社はこの商品の販売を中止するとともに、商品を回収して検針、もしくは商品代金を返金すると発表した。

【この件に関する問い合わせ先】

タカキューお客様センター

フリーダイヤル:0120-412-909

受付時間:平日午前10時〜午後5時

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタ社長、景気アンケートに回答しない理由...上場大企業とマスコミの「新密度データ一覧」
クルマのカスタム、どこまで突き抜ける? 「東京オートサロン」のすごいクルマ9選
ラーメンからステーキへ 幸楽苑の「いきなり」業態変更へ各社注目
年金支給を70歳超えまで繰り下げた人は、いくら得をするのか?
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加