ASKA容疑者連行に100人以上なだれ込み...騒乱! 夕刊フジ記者ルポ

ASKA容疑者連行に100人以上なだれ込み...騒乱! 夕刊フジ記者ルポ

  • ZAKZAK
  • 更新日:2016/11/30

「逮捕へ」の一報が流れた28日午後、報道陣が東京都目黒区の自宅に集まるのと並行して、ASKA容疑者は4回にわたってブログを更新、犯行を否定し続けた。

その自宅の明かりは日が暮れてもつかない。関係者の間からは「どこにいるのだろう」との憶測が広がっていた。

そんなムードのなか、午後6時半ごろ、突然玄関前にタクシーが横付けされる。後部座席に乗っている男性は…、ASKA容疑者本人ではないか。

集まった報道陣は目視で200人以上。その中を帰ってきた本人に対し、周囲には驚きと興奮が広がった。以降、自宅の中に消えたASKA容疑者が出てくるのを押さえようと、現場は異常な緊張感に包まれた。

午後7時前、ガレージのシャッターが開くと100人以上の報道陣がなだれ込んだ。後部座席にASKA容疑者を乗せたベンツはエンブレムが折れ、運転手が車を出すのは無理だと判断すると、ASKA容疑者は再度自宅のなかへ。その際「私はやってません」などと訴えたが、その表情はうつろに見えた。

その後、捜査車両に乗り込んだのは約1時間半後。怒号が飛び交い、身動きがとれず「車両に足を踏まれた」という声も聞こえた。ベテラン記者は「これだけ荒れた現場はロス疑惑以来だ」とあっけにとられていた。

No image

ASKA容疑者が乗った車に報道陣がなだれ込み、同容疑者はいったん車を降りた=28日午後6時55分、東京都目黒区

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国公立大学で増えるAO入試枠 変革迫られる入試
成宮寛貴、薬物疑惑よりも200万円のバーキンでキメたファッションにクギ付け
国立公園指定も意味なし やんばる国立公園が切り裂かれていく...
大学ブランドランキング九州編、1位の九州大学に続いたのは?
また鳥インフル 水戸市でも オオハクチョウから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加