マドンナが7年ぶり監督 戦争孤児だった黒人バレリーナの半生を映画化

マドンナが7年ぶり監督 戦争孤児だった黒人バレリーナの半生を映画化

  • クランクイン!
  • 更新日:2018/03/16

シエラレオネ出身のバレリーナ、ミケーラ・デプリンスの伝記映画を監督するマドンナ (C)AFLO<画像を拡大する>
 歌手のマドンナが2011年の『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』以来、7年ぶりにメガホンを取ることになった。シエラレオネの戦争孤児から世界的に有名なバレリーナになったミケーラ・デプリンスの半生を映画化するという。PeopleやDeadlineなどの海外メディアが伝えた。【写真

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加