不調バレンシア 助け船出現

不調バレンシア 助け船出現

  • スポルト
  • 更新日:2016/12/01
No image

バレンシア買収を名乗り出たソリオ 画像提供:ATLAS

バレンシアのファンクラブである“Marea Valencianista”会長のミゲル・ソリオが30日(水)に現在ピーター・リムが有するバレンシアCFの株の買収を申し出た。

「この手段により、バレンシアファンにクラブを取り戻し、現在クラブが迎えている経済的、社会的、スポーツ的危機に解決策を与えたい。」
「もし今年2部に落ちれば、バレンシアは消滅するだろう、もう一度3部リーグからやり直さなければならない。」と元バレンシアCFの副会長を務めたソリオは述べた。

同氏はメディアに対しリムの認識の甘さを指摘し「彼のここでの時代は終わった。」と語り、リムにバレンシアから手を引くために2億から2億2,000万ユーロ(約242億2,000万円から約266億4,000万円)を支払うための策を講じなければならないと語った。

「選手達をリムに対し1億もしくは1億2,000万ユーロ(約121億1,000万円もしくは144億5,000万円)の価格で株式の対価の一部として売却するという策がある。売却に携わるのは代理人のホルヘ・メンデスだ。」と同氏は続けた。

またメスタージャに新たに建築されたホテルをリムに譲渡することで、残りの5,000万ユーロ(約60億5,000万円)を返済する。
「これでクラブの出費なしに合計1億7,000万ユーロ(約204億8,000万円)を賄うことができる。」とソリオは語る。

「残りの3,000万から4,000万ユーロ(約36億3,000万円から48億4,000万円)は30年から40年ローンで返済する。」と同氏は続けて語った。

株を買い戻した後に5年以内にバレンシアは異なる3つのスポンサーに株式の最大30%を販売し、約1,500万ユーロ(約18億1,000万円)を得る。また残りの株式はVIPゾーンのソシオやその他の5万人のソシオに販売する。
ソシオらは2,600万ユーロ(約31億4,000万円)の株式を購入するために、5年間に亘って試合観戦チケットに104ユーロ(約12,500円)を支払うことになるという。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イスラム教で禁酒のはずのトゥーレが飲酒運転で起訴
5試合ぶり出場の本田、FKで逆転弾起点に。ミランが昇格組下し連勝
香川が古巣・C大阪のJ1復帰を祝福「本当におめでとうございます」
本田のFKからラパドゥーラが決勝点...ミランが昇格組相手に辛くも逆転勝ち
ADOデンハーグ3連敗...ハーフナーも波に乗れず途中交代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加