ソフトB加治屋、久保新コーチ助言 投球フォーム改善

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/13

加治屋が“ブレない”男を目指す。新任の久保2軍投手コーチからシャドーピッチングで投球フォームをチェックされ、ブルペンでは70球の投球練習。「(投球時に)足を上げた際に軸が倒れていた影響で、腕が横振りになる癖を指摘されました。上からたたくイメージで投げると強い球が投げられた」。プロ4年間で未勝利のドラ1右腕は、近鉄時代に岩隈(現マリナーズFA)を育てた実績もある名コーチの言葉に熱心に耳を傾けていた。

=2017/11/13付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
オリックス・川端崇義、ファンに熱く愛された6年間
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
巨人 小林がでん部を手術、無事終了もファン感は欠席へ
元プロ野球選手のセカンドキャリアを支援、国学院大が特別入試を実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加