河合克敏、藤田和日郎以来の快挙!サンデーの新人賞受賞作「RYOKO」連載開始

河合克敏、藤田和日郎以来の快挙!サンデーの新人賞受賞作「RYOKO」連載開始

  • ナタリー
  • 更新日:2016/10/19

新鋭・三ツ橋快人による新連載「RYOKO」が、本日10月19日発売の週刊少年サンデー47号(小学館)にて開幕した。

すべての写真を見る(全3枚)

No image

きれいな写真をもっと見る(全3枚)

三ツ橋のデビュー作となる「RYOKO」は、日本が壊滅してから幾数年の時が経った世界が舞台。街に自我を持った食材たちが蔓延る中、主人公の料子は家族との食事のために、今日も食材を狩りに出かける。

同作は「新世代サンデー賞」史上初の大賞受賞作。新人賞の受賞作が、そのまま少年サンデー本誌にて連載される運びとなった。これは少年サンデー史上では、河合克敏「帯をギュッとね!」、藤田和日郎「うしおととら」以来の快挙となる。「RYOKO」の連載は、編集長・市原武法氏の抜擢によるもの。市原編集長は「今回の新連載『RYOKO』は、今すぐに読者の皆様に届けるべき作品だと強く感じたのです」とコメントしている。三ツ橋が同編集部に作品を持ち込んだのは約1年前。少年サンデー47号には、三ツ橋のデビューまでの道のりが記されている。

なお次号では藤木俊による新連載「だめてらすさま。」がスタートする。

週刊少年サンデー・市原武法編集長コメント

三ツ橋快人先生。サンデー期待の新人作家さんの一人です。ですが、新人作家さんにとって連載デビューが早いからいいわけでも、遅いからダメなわけでもありません。早熟型の才能も、大器晩成型の才能もいらっしゃるからです。重要なのは、一人一人の新人作家さんの才能を最も輝かせられる方法は何か、ということだけです。今回の新連載「RYOKO」は、今すぐに読者の皆様に届けるべき作品だと強く感じたのです。そこには常識や先入観、過去の成功の方程式などは必要ありませんでした。少年サンデーは今、次々と若き才能たちが躍動し始めてくれています。そして今後も若き才能の大抜擢を続けていきます。応援してくださる読者の皆様におかれましては、まずは三ツ橋快人先生の新連載「RYOKO」をご一読いただき、少年サンデー新世代の息吹を感じていただければ幸いです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
秒速で笑えるマンガ『添削おじさんと3』無常のふでこさん|ぬこー様
「刃牙」シリーズ連載25周年記念で第2作「バキ」のテレビアニメ化決定!
千葉雄大が変人ドS役で中川大志×平祐奈「ReLIFE」に出演
「ONE PIECE」史上最も泣ける名ゼリフランキング
TEAM NACS「NACS HOLIC 2008-2017」17年3・23発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加