スポーツ庁も推奨する「スニーカー通勤」にぴったり!長時間履いても疲れにくい革靴『Lift』

スポーツ庁も推奨する「スニーカー通勤」にぴったり!長時間履いても疲れにくい革靴『Lift』

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/13

2017年10月に、スポーツ庁がスタートした『FUN+WALK PROJECT』。これは、「ビジネスパーソンの日常で歩く習慣の定着」を促進する取り組みで、これからは「スニーカー通勤」するビジネスパーソンの姿が、ごく自然にみられる光景になりそうだ。

一方、アンケート調査によると「スニーカー通勤をしたくない」という理由の1位は、「スニーカーはスーツに合わない」というもの(2017年10月、ロックポート・ジャパン調べ)。「スーツ&スニーカー」にミスマッチな印象を受ける人は多いようだ。

今回紹介する商品は、スーツスタイルで履いてもミスマッチ感がまったくしない革靴『Lift』(リフト)。2000年創業の国産靴メーカー、リフト社が、「特許申請中の新しい製法によって、革靴でもスニーカー感覚の履き心地を実現」した、まさにタイムリーな新製品。

この製法は『lift製法』といい、イタリアのチェッカーニ社に特注した日本に1台しかないミシンで、縫製した革と底を直接縫い合わせていくなど、まったく新機軸の作り方。ソール(中敷き)も独自開発のもので、「中央のくり抜いた部分にクッションを入れることで屈曲性と履き心地を良くいている」という。こうした製法を採り入れた結果、革靴にしてはとても軽く、長時間履いても疲れにくく、まさにスニーカー感覚で闊歩できる。

『Lift』は、2018年1月の発売を予定しているが、2017年11月末までクラウドファンディングのMakuakeにて、20~30%オフの早割キャンペーンを展開している。ラインナップは、『外羽スニーカー』、『プレーントゥシューズ』、『ストレートチップシューズ』の3種で、それぞれブラック、ブラウン、ネイビーの3色、サイズは25cm、26cm、27cmが用意されている。

No image

『Lift』のラインナップ

『Lift』の真にすぐれている点は、スニーカーのようなビジネスシューズとか、ビジネスシューズのようなスニーカーという、どっちつかずの範疇に収まらない、両者の良い点を併せ持った靴であることだろう。なので、スーツやジャケパンスタイルで履いても、カジュアル服で履いても、何の違和感もない。多くのブランドを手掛けてきただけあって、デザインや質感も妥協していないのもいい。革は、国産のグローブレザーを用い、耐久性があり足馴染みがよく、履き込むことで更にフィットしてくるという。

では、履き心地は実際のところどうなのだろうか? 筆者は、ストレートチップシューズ(ネイビー)を取り寄せ、履き歩いてみた。

No image

筆者の試用したストレートチップシューズ(ネイビー)

ふつうビジネスシューズというものは、特に履き始めは固く歩きにくいものだが、こちらについては最初に履いた時点からしっくりフィットし、歩いても足のどこにも違和感やキツい感覚を覚えなかった。大股で歩いても、足の屈曲にあわせて靴も柔軟に屈曲するので、とても楽。まさに宣伝文句に偽りなし、というのが率直な感想だ。

Makuakeでのキャンペーンは、11月14日時点で目標額の4倍の額を集めるほどの人気を集めている。2足セット、3足セットはお買い得感が高く、スニーカー通勤をこれから始めたい人には、おすすめできるアイテムである。

協力/リフト

文/鈴木拓也

老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ファッションカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冬の大人カジュアルに投入したい♡厳選「お洒落アウター」特集
春まで使える! ユニクロの2WAYストール着回し術
【恒例1万円コーデ講座】7000円で揃うGUのセットアップ
編集部おすすめ!買ってよかった「無印良品」雑貨アイテム
周りからの「スタイルいいね!」が欲しい!4つの褒められアイテムとは♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加