比嘉真美子が首位守る 畑岡、アン・シネら予選落ち

比嘉真美子が首位守る 畑岡、アン・シネら予選落ち

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

18番、笑顔でホールアウトする比嘉真美子(撮影・中島郁夫)

<女子ゴルフ:NEC軽井沢72>◇第2日◇12日◇長野・軽井沢72北C(6655ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)

ツアー2勝の比嘉真美子(23=フリー)が通算11アンダーまで伸ばし、首位をキープした。

8アンダーの首位で出ると、4バーディー、1ボギーの69で回った。また賞金ランキング1位のキム・ハヌル(28=韓国)も4アンダーの3位で出ると、ボギーなし、7バーディーを奪う猛チャージをみせて65の好スコアをマーク。比嘉とともに通算11アンダーの首位で並んだ。プロ3年目の辻梨恵(23=大和証券)が通算9アンダーの3位につけた

プロデビュー戦の勝みなみ(19)は通算6アンダーの5位、同じく新人の小祝さくら(19)も通算5アンダーの10位でプロ初の予選通過を決めた。

また日本ツアー今季2戦目となる畑岡奈紗(18)は通算1オーバーの56位、韓国の「セクシークイーン」アン・シネ(26)は通算5オーバーの83位で予選落ちとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
加瀬秀樹「俺って真面目」頑張りすぎて空回りの理由
強い加瀬、マッスルバックでカムバック!3年ぶりVへイッキ奪首/国内シニア
大山、1差3位キープ!勝って父に副賞のショベルカーを/国内女子
松山英樹のメジャー4大会。ウッズ流に言えば「素晴らしい1年」だった
藍 次戦カナダ女子OP欠場 体調不良父の「サポートのため」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加