夜、眠れないと悩む40代のあなたへ【エリカ・アンギャル愛の言葉】

夜、眠れないと悩む40代のあなたへ【エリカ・アンギャル愛の言葉】

  • cafeglobe
  • 更新日:2016/10/20

キャリア女性の1日はとてもハード。ミーティングに会議、プレゼンに商談。ときには接待に駆り出されたり、部下の相談にのったりすることも。

ベッドに入るのは日付が変わるころ。日々のハードワークで体は疲れているはずなのに、眠ろうとすればするほど目が冴えてしまうのはなぜ?

ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして活躍されたエリカ・アンギャルさんに、睡眠不足が招く美容や心のトラブル、安眠をもたらす生活習慣をお聞きしました。

日本人女性の眠りが浅い理由

前回、食事と美容の関係を栄養コンサルタントの立場からお話くださったエリカ・アンギャルさん。ライフスタイルを見直すことは良質な眠りにもつながるといいます。

No image

「美しい体と心を育てるうえで眠りはとても重要なファクトです。ところが、睡眠時間を削ってでも仕事をしたり、主婦の方は家事をしたりとタフな日本女性は睡眠に対する意識が低いように思えてなりません。

眠る直前まで活動をしていると興奮状態をもたらす交感神経が優位に立ち、眠りが浅くなります。すると、体がリセットされず、疲れを翌日に持ち越すことに。深い眠り、つまり良質な眠りを得るためには、交感神経と副交感神経の自然な切り替えが大切です」(エリカさん)

副交換神経を優位にするためにはどんなことが必要なのでしょう。

「副交感神経とは、疲れた体を回復させる神経です。本来リラックスしているときに優位に立つ神経なのですが、ベッドに入っても交感神経が優位に立つと興奮作用のドーパミンが分泌され、眠りを妨げることがあります。

その原因のひとつがスマートフォンから放たれるブルーライトです。太陽光にも含まれるブルーライトは浴びることで眠気を起こすホルモン・メラトニンの量を減らし、身体を活性化させます。そのため、夜にブルーライトを浴びると体が夜と認識しにくくなるのです。

忙しいこととは思いますが、SNSやメールのチェックは就寝1時間前には済ませ、スマートフォンをベッドに持ち込むことは控えましょう」(エリカさん)

睡眠までの架け橋タイム「1時間」をキープせよ!

良質な睡眠を得るために、日ごろから心がけておくべきことはありますか?

No image

「日が落ち暗くなってくると副交感神経が優位になり、緊張を解き放ちます。就寝1時間前には蛍光灯から間接照明のやわらかな光に照明を落とし、眠りにつく準備をはじめましょう。

この1時間は睡眠までの架け橋です。ノンカフェインで胃に負担をかけない温かい飲み物をお供にゆっくり過ごしましょう。日本茶は水出しにすることでカフェインが抽出されにくくなるのでおすすめですよ。テレビやハードな音楽など神経を高めることは避け、静かな環境を心がけてくださいね。

寝具やパジャマの工夫も効果的です。これからの寒い季節はつい、厚着をしがちですが、軽くて締めつけがないほうが眠りに適した温度に整える効果があるそうです」(エリカさん)

睡眠は最高のエイジングケア

睡眠不足は肌にも影響があるといいます。眠りと美容はどんな関係にあるのでしょう。

「アメリカの研究機関によると、慢性的な睡眠不足は皮膚のバリア機能を破壊する恐れがあることがわかっています。また、肥満や糖尿病のリスクを高めることも。日中、紫外線や外気にさらされた肌細胞は、良質な睡眠を得ることで人間が本来持っている自己治癒力を持って回復させることができます。

眠っている間に肌に潤いを与え修復しコラーゲンが生成されるため、良質な睡眠は高価な美容液以上のエイジングケアが期待できます。睡眠時間は8時間が理想ですが、忙しい日本のキャリア女性には難しいこともあるでしょう。最低でも7時間を心がけてくださいね」(エリカさん)

光を浴びて、さわやかな目覚めを

夜に眠れないから朝が辛い。こんな悩みも良質な睡眠を得ることで解消されそうですね。1日のはじまり、朝をさわやかに迎えるためのメソッドをお聞かせください。

No image

「日が暮れると副交換神経が優位に立ってリラックスできるように、人間の体内時計は光と密接な関係にあります。朝、さわやかに目覚めるためには体に朝を認識させることが大切です。ベッドから起きたらカーテンを開け、朝日を体いっぱいに浴びてみてください。細胞が徐々に目覚めていくのを実感できるはずです。

睡眠にはストレス、食生活などさまざまなことが影響します。悩みを抱えていたり、不安なことがあったりすると、眠れないですよね。心穏やかに夜を迎えることも安眠には欠かせないファクトです。

ベッドに入るまでの1時間を心の安らぎタイムとし、高ぶった神経を落ち着かせることを意識してみてください。良質な眠りは明日のあなたを輝かせてくれることでしょう」(エリカさん)

次回はストレスが大人の女性に与える影響や、ストレスとの上手な付き合い方についてお聞きします。

エリカ・アンギャルさん

オーストラリア・シドニー出身。1985年に交換留学で日本に初来日。以来、伝統的な和食と日本文化をこよなく愛す。2004年から8年間、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントを務めた。「内側からより美しく、心も身体もすこやかに輝く」をテーマに、美容と健康のためのハッピーなライフスタイルを提唱している。

撮影/土佐麻理子(エリカ・アンギャルさん) ヘアメイク/室岡洋希(ThreePeace)

image via Shutterstock

あわせて読みたい

緊急提言:痩せたいという40代のあなたへ【エリカ・アンギャル愛の言葉】

ショックで眠れない...。40代からはじまる睡眠不足症候群【眠るための100のこと】

40歳を過ぎたら甘く見ないで。ストレスによる不眠のメカニズム【眠るための100のこと】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「頭が混乱する...!?」反射によって生み出された奇跡の写真いろいろ
オシャレな県民ランキング発表! 2位「広島県」1位は?
【嘘だろ】この美女に「衝撃的な真実」が隠されていると話題に!信じられない
ムリ言わないでよっ!カレシに求められた「不可能なエッチ」3つ
道具は必要ナシ!気持ちいい「ひとりエッチ」ができる4アレンジ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加