マツコ・デラックスが「やる気なくなった」と発言した銀座の超高級クラブでの豪遊金額とは?

マツコ・デラックスが「やる気なくなった」と発言した銀座の超高級クラブでの豪遊金額とは?

  • E-TALENTBANK
  • 更新日:2017/12/07
No image

番組では「本物の銀座の超高級クラブで豪遊したらいくら払うことになる?」という疑問をロッチの中岡創一が実際に検証した。

中岡が美人ホステスたちに接客されながら、“テーブルチャージは4万円以上5万円未満が相場”、“初回はキープボトルを入れるのが定番”、“終わりを告げない限り自動延長”など、銀座の超高級クラブでのシステムが次々と判明されていった。

120分の間に中岡はシャンパンボトル2本、焼酎ボトル1本、フルーツやお寿司などを楽しみ、お会計は23万6500円という金額だった。

さらに、サービス料としてお会計の約45%が加算され、総額35万9030円という驚きの金額となった。

スタジオでこのVTRを見ていた有吉弘行は「まいったね」とあまにも高価な遊びに驚きの様子を見せ、「俺マジでトイレ行くふりして逃げるもん」とコメントし、マツコ・デラックスも「あー、今日もうやる気なくなった」と発言した。

この放送を見た視聴者もTwitterで「怖いくらいお金がやばい 笑」「住んでる世界が違いすぎた」「座るだけで4〜5万消えるテーブルか」「俺は一生行く機会無いと思った」「超絶美人に生まれたら銀座で働きたかった」「120分で使う金額じゃないって」など、日常とはかけ離れた世界に対して様々な感想が投稿されていた。

同番組では過去にも「大銀杏結って欲しい」というマツコの願望を叶え、披露した力士姿に「風格有りすぎる」「本物の力士じゃねーかwww」など大きな反響を呼んでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西島秀俊は『取り扱い注意』? 日テレが“タブー破り“で、ドラマ続編決定も黄色信号
ゴールデン・グローブ賞<TVの部>、『ビッグ・リトル・ライズ』が最多6ノミネート
有吉弘行の毒舌がDaiGoのメンタルを打ち砕く!? ブラマヨが初笑いを保証する「オールスターモニタリング感謝祭」
尾上松也が桂歌丸の半生を熱演する『BS笑点ドラマスペシャル 桂 歌丸』がDVD化
『FNS歌謡祭』どうぶつビスケッツ×PPPが特別企画 ツイッター投稿でお宝写真ゲット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加