最新ランキングをチェックしよう
美しすぎる日本の博物画「江戸博物文庫」シリーズ編集者インタビュー

美しすぎる日本の博物画「江戸博物文庫」シリーズ編集者インタビュー

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/10/13

『江戸博物文庫 花草の巻』 『江戸博物文庫 鳥の巻』
『江戸博物文庫 菜樹の巻』 『江戸博物文庫 魚の巻』
編集:工作舎
訳:ヤーン・フォルネル
装丁:宮城安総、佐藤ちひろ
工作舎 各1600円(税別)
 日本の博物画って、西洋のそれとはまた違う独特の味わいがあって面白いんですよ。たとえば西洋の博物画は基本的に「完璧な状態のもの」を「きっちり」描いているのですが、日本の博物画は描き手が見たありのま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】ノンスタイル石田さんの『#医者に言われた衝撃的な一言』が衝撃的すぎて心配の声多数「マジで大丈夫なのか...」
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
おいおい見本と大分違うぞ!ネット通販を利用して買ったら絶望。15のアルアル
彼との温泉旅行で持っておきたい持ち物5つ 手元にあれば意外と便利!
無理やり起こされ、泣いても「夫婦の営み」強要...完全にDV、犯罪になる可能性も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加