養鶏業者がゴミ処理場に腐っていたはずの大量の卵を捨てたところ、ほとんどが孵化してしまうハプニング(ジョージア)

養鶏業者がゴミ処理場に腐っていたはずの大量の卵を捨てたところ、ほとんどが孵化してしまうハプニング(ジョージア)

  • カラパイア
  • 更新日:2018/06/18

カスピ海と黒海にはさまれた国・ジョージア(グルジア)のマルネウリ市郊外で、生命の力強さを感じさせるハプニングが起こったようだ。

舞台となったのは、太陽がさんさんと照りつけるゴミ処理場。地元の養鶏業者がここに腐った卵を何百個も捨てた。

ところが、実はそれらの卵は腐っていなかったのだ。いい感じで温められた卵はどうなったのかというと・・・?

【他の記事を見る】マジなのネタなの?暑すぎてトラックに積んでおいた卵が孵化した件(中国)

ゴミ処理場を埋め尽くすヒヨコの大群

Hundreds of chicks hatch after eggs dumped at waste disposal site

地元のフェイスブック民が撮影した動画を見ると、本来であればゴミで埋め尽くされているはずのゴミ処理場が何百匹ものヒヨコで埋め尽くされている。

太陽の熱で温められた何百個もの卵が孵化して、ゴミ処理場はヒヨコ王国さながらの状態だ。

ヒヨコたちは母親を探しているのかピヨピヨと盛んに鳴いている。また動画には積み上がった卵も映っており、あれが全部孵化したのかと驚くばかりだ。

No image

地元民によりほとんどのヒヨコが捕獲される

この事態を受けてティムール・アバゾフ市長は記者会見を開き、

養鶏業者は卵が腐敗していると考え、大量に廃棄したようだ。しかし岩と太陽がちょうどいい環境を生み、まるでメンドリが卵を温めるかのような状況になったのだろう

と語った。

ヒヨコたちがどうなったのかその後が気になるところだけれど、どうやらほとんどのヒヨコは地元民に捕獲されたようだ。

No image

アバゾフ市長によると「家に持ち帰られ、もうすぐ食卓にならぶだろう」とのこと。

思わぬ始まりから、思わぬ終わりへとつながったわけだけれども、生れたヒヨコの中にはオンドリもメンドリもいただろう。

なかにはペットとして末永く飼われたり、卵をとるために生きながらえた子もいるかもしれない。

References:Tabula/Oddity central/Facebook/YouTubeなど / written by usagi / edited by parumo

・あわせて読みたい→小さなお目目が一斉にウニョウニョ。孵化直前のクマノミの卵(※大量つぶつぶ注意)

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【西日本豪雨】避難所でもペットと一緒に 岡山・総社市が庁舎など3カ所開放
「触ってはいけない犬」4選
猫が飼い主の足を踏む3つの理由
犬がする「人間っぽい仕草や行動」5選
犬が飼い主に体当たりしてくる3つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加