関東第一が2年連続本大会出場、無敗で決めた都3冠

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12

<全国高校サッカー選手権東京都大会:関東第一1-0成立学園>◇11日◇Aブロック決勝◇駒沢陸上競技場

関東第一が終了間際に挙げた虎の子の1点を守り、2大会連続2度目の本大会出場を決めた。

後半33分、ペナルティーエリア手前でボールを受けたMF村井柊斗(3年)がドリブルで相手を引きつけ、右サイドでフリーになっていた重田快(3年)へパス。重田が冷静に右足を振り抜き、決勝点を決めた。重田は「(ゴールの瞬間は)頭が真っ白で、喜びが爆発しました。その気持ちを共有したくて、すぐに応援団のところへ走りました」と笑顔で振り返った。

チームとしては春の関東大会予選から、全国高校総体予選、そして今大会と、都内で行われる主要3大会全てを無敗で駆け抜け、3冠を達成した。成立学園とは昨年の決勝でも対戦しており、リベンジを許さなかった。試合中、何度もポジションチェンジを指示しながら逃げ切った小野貴弘監督は「最後は勝っていて逃げるシステムに変えた。(3冠を達成したが)今日みたいなゲームを今まで何度も落としてきて、多くの先輩たちが涙を流してきた。今はたまたまうちにいい流れがきているだけだと思いますが、(チームが)成熟してきているのかなとも思います」と話した。

初出場の昨年は2回戦で敗退した。今年の全国高校総体では8強入りするなど、今年は昨年以上の結果を狙う。キャプテンのDF小野凌弥(3年)は「去年もお世話になったたくさんの方が試合のテレビ中継を見てくれていた。今年も出て、姿を見せることが恩返しにもなると思う。全国で通用すると思っているので、ベスト4を狙っていきたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
PK戦制し、開校5年目で初V!歓喜の清水桜が丘イレブン:静岡(10枚)
静岡の最優秀新人、清水桜が丘FW松永が決勝で同点ゴール!(6枚)
E-1選手権開幕間近...国内組“最終試験の場”でアピールに成功するのは誰だ!? DF編
来年こそ...名門・静岡学園は注目2年生たちが全国復帰を誓う(10枚)
初V・清水桜が丘はMF松下とMF築地も静岡ベストイレブン選出(4枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加