陛下 友人に電話で“恒久的な退位制度を”

陛下 友人に電話で“恒久的な退位制度を”

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01
No image

天皇陛下が「退位」をめぐるお気持ちを公表する前の今年7月、友人に電話をかけ、「退位」の意向を強く訴えるとともに「将来を含めて可能な制度にしてほしい」と恒久的な退位の制度を希望されていたことが明らかになった。

これは天皇陛下の同級生の明石元紹氏が明らかにしたもの。明石氏によると、7月13日に「退位」の意向が報道された8日後の21日の夜10時ごろ、天皇陛下から突然、電話があったという。

天皇陛下は明石さんに対し、皇太子さまに「譲位したい」という意向を告げ、「天皇は務めを果たせる人間がやるべきで譲位は合理的な考え方だ」と話されたという。また「退位」については「将来を含めて可能な制度にしてほしい」と恒久的な制度を望まれたという。

更に「摂政は絶対に嫌だ」と述べ、大正末期、昭和天皇が大正天皇の摂政を務めたことで周囲の人々がそれぞれの天皇の支持派に二分し、2人とも不快な思いをしたとされる歴史も説明されたという。

現在、政府の有識者会議では「退位」についての議論が進められている。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地下鉄の階段に車=50代男性「駐車場と勘違い」-東京
千葉大医学部生3人の実名公表、新たに医師逮捕
【報ステ】大分県佐伯市で2歳女児が行方不明
担任が生徒を『○○菌』...“原発いじめ”に小倉が本気で怒り
【報ステ】作業員のひじが...福島第一原発で注水停止
  • このエントリーをはてなブックマークに追加