卓球・五輪代表は見直さない方針 水谷隼「延期は戸惑ったが、集大成でメダルを」

卓球・五輪代表は見直さない方針 水谷隼「延期は戸惑ったが、集大成でメダルを」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/03/28
No image

水谷隼

東京五輪の延期が決まったことを受け、日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長は25日、1月に発表した五輪代表6人は「今のままでいく」と選考を見直さない方針を明らかにした。28日の理事会で承認する。また、混合ダブルスの水谷隼(木下グループ)、伊藤美誠(スターツ)のペアについても変更しない。

日本協会は1月、1年間の国際大会の成績からなる世界ランクでの日本勢上位2人を五輪シングルス代表に選び、団体戦代表は強化本部推薦で選出。五輪は延期となったが、宮崎強化本部長は「見直すことは全く考えてない」と話した。

来夏32歳になる水谷は所属を通じ、「延期は戸惑ったが、集大成の東京五輪でメダル獲得を目指し、誰にも負けない強い気持ちで臨む」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
W1活動休止...近藤は引退示唆、稲葉、土肥、羆嵐らはフリー、征矢は牛丼店経営?
井上尚弥 若者に自制呼び掛け「大切な人を守るために行動を見直す必要がある」
“聖地の地元”文京区会議員の西村修 自粛ムードの中開催「大いに歓迎」
W-1無観客のラスト...総帥の武藤「観客が泣くような試合したかった」
渡嘉敷勝男が「日本人NO1ハードパンチャー」激白!彼の「鮮烈KO劇」とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加