キャノンの最新デジタル一眼レフ「EOS90D」の実力検証!「EOS80D」からどう進化した?

キャノンの最新デジタル一眼レフ「EOS90D」の実力検証!「EOS80D」からどう進化した?

  • @DIME
  • 更新日:2019/10/09

高画質と高速連写を同時に実現したデジタル一眼レフカメラ「EOS 90D」が9月下旬に発売となりました。センサーは最高級のフルサイズよりひと回り小さい「APS-C」サイズを搭載しながらも、有効画素数は約3250万画素を実現、画質を高めながらも、1秒間に撮れる最高コマ数を約7コマから約10コマに増やしたという注目モデルです。オープン価格で実売価格は、ボディ単体モデルが税込み15万円前後、EF-S18-

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加