用水路に赤ちゃんの遺体 カンボジア人の男女を逮捕

用水路に赤ちゃんの遺体 カンボジア人の男女を逮捕

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/12
No image

動画を見る(元記事へ)

茨城県常総市の用水路で赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、近くに住むカンボジア人の男女が死体遺棄の疑いで逮捕されました。

カンボジア人で常総市の派遣社員、チェム・ソコン容疑者(34)とヨウン・チャンムネン容疑者(34)は2日、常総市の用水路に赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いが持たれています。警察によりますと、司法解剖の結果、遺体で見つかったのは妊娠5カ月から6カ月くらいの女の赤ちゃんとみられ、死産だった可能性があるということです。周辺の聞き込み捜査で2人が浮上したということで、取り調べに対して「2人で相談しながら遺棄しました」などと容疑を認めてます。警察は、赤ちゃんが死亡した原因について引き続き調べるとともに、2人から出産の経緯について事情を聴いています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
東急ハンズが「ハンズに来ている場合ではありません」 大雪で「なかなか言えない」ツイート
商品なく、店員不在...岐阜の異様なローソン 本社が想定外の事態が起きたと謝罪
女性が生き生き活動する町、宝塚市の秘密
少女が歩道橋から飛び降り 脅され妹の身代わりに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加