黒潮“イケメン”二郎ド派手に「やりたいことやる」

黒潮“イケメン”二郎ド派手に「やりたいことやる」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

W―1リザルトチャンピオンとなった黒潮“イケメン”二郎は、試合後売店でファンサービス

<W-1:後楽園大会>◇14日◇後楽園ホール

W-1の後楽園大会が14日行われ、W-1リザルトチャンピオンシップは、挑戦者の黒潮“イケメン”二郎(25)が、王者伊藤を破り新チャンピオンとなった。

黒潮は、体格で上回る伊藤のパワーに、左腕の集中攻撃で対抗。コツコツとダメージを与え続け、最後は得意のムーンサルトプレスの連発で、21分52秒に勝利した。手鏡にピンクのスーツ、派手な入場パフォーマンスが人気の黒潮は「このベルトでオレのやりたいことをやっていく。まず、デザインを変える。そして、このベルトにはイケメンしか挑戦させません」と勝手に宣言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
那須川天心が左足首負傷、元王者との公開スパー中止
グレート小鹿ら214歳トリオが平成維新軍に勝利
選手よりも注目?美しすぎる五輪解説者・岩垂かれん
ローマン「接近戦大事」井上尚弥との対戦にもやる気
藤井聡太六段、最年少タイトルは? 勝ち上がれば今秋にも「王座戦」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加