熊本工エース林、力投実らず 5回5失点

熊本工エース林、力投実らず 5回5失点

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2019/08/15
No image

◆全国高校野球選手権2回戦:関東第一6―5熊本工(14日・甲子園)

甲子園初登板初先発のエース林は力投したが5回5失点で降板した。台風の影響で強風が吹いたため、飛球を打たせないように低めに集めていたが、5回1死、初めて外野に飛んだ飛球が中前のポテンヒットになり、以降5連打。守備の乱れも絡んで一挙4点を奪われた。「5回は相手が慣れてきてしっかりバットを振ってきた。2試合目でチャンスをもらったのに勝てなくて悔しい」と不本意な投球に険しい表情を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
作新学院・石井主将 日本ハム内野手の兄追いかけて...大学でもさらにその先目指す
侍・U-18代表の壮行試合に佐々木朗希が先発!大学ジャパンもドラ1候補・森下
1266球投げ抜きマウンドから消えた...大野倫氏 佐々木登板回避を「10年後評価される」
井上も頼りにする“日本一の1番”/ヒロド歩美
奥川U18合流「会えてうれしかった」佐々木と再会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加