泉ピン子“終活”を語る「悔いがひとつあるとすれば現金を...」

泉ピン子“終活”を語る「悔いがひとつあるとすれば現金を...」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

女優、泉ピン子(70)が14日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月〜金曜前9・50)にVTR出演。自身の終活について明かし、「悔いがひとつあるとすれば、現金を残しておけばよかったね!」と語った。

泉は28歳のときに女優デビューを果たし一気にブレーク。当時を「寝る暇なかった。いちばん売れてた」と振り返り、30代になると「いちばん金の入った頃にちょうどバブル。バブリーよ! っふふふ」と笑顔を見せた。「私はブランド物を買うために頑張ったんだから。12ページのセリフだって、その(ブランドの)バッグを買いたいがために覚えたところがある」と明かした。

70歳になった今では「エルメスのバーキンがいいなっていったって。今の年になったら重いだけだし。エコバッグのほうが楽だし、今(使っているのは)リュックサックだし」と変化を語った。泉は、公私共に交流のある脚本家、橋田壽賀子さんの影響で終活を開始。「(泉の死後)いちばん困るのはトロフィーだと思うのね。それを最初に処分してあげることが夫への優しさでしょう」と、女優として受賞した賞状やトロフィーを処分していることや、着物は全て歌手の坂本冬美(50)に「あげるように言ってある」ことを明かした。ほかにも「嫌だって言ったって宝石はみんな誰かが持っていくわよ。あんなでかいのばっかりなんだから。嫌いなヤツにはやらないって書いてもらったし」と語った。

泉は「やりたいことももうないし、テレビもいっぱい出たし、ドラマもいっぱいやった。何か悔いてることって…ないね、考えたら」としつつ「悔いがひとつあるとすれば、現金を残しておけばよかったね! 今思うとね、年をとったら現金! 現金を持ってなさい!」とアドバイスした。

No image

泉ピン子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「震災義援金4億円」サンドウィッチマン・伊達の“心配な言動”とは?
インリン、ミスで7歳の長男が1人で飛行機に 涙止まらず「ごめんね」
クロちゃんのアイドルライブでの行動に「怖い」とドン引きの声
矢口真里が“初めての女”断る「私じゃダメだ」
眞子さまと婚約者の「結婚延期」に借金トラブル被害者が胸中告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加