USBに挿すだけで音質が向上する!? デジタルオーディオファン必携のアクセサリー登場

USBに挿すだけで音質が向上する!? デジタルオーディオファン必携のアクセサリー登場

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2017/12/07
No image

PCとデジタルオーディオ機器のインターフェースとしていろいろと使われるUSB。しかし、このUSB、オーディオにとってはなかなかのくせもので、ノイズの侵入箇所や発生源となっていた。そこでデジタルオーディオユーザーが注目したいのが、11月下旬にパナソニックが発売した「USBパワーコンディショナー SH-UPX01」だ。

使い方は簡単。オーディオやAV機器の空いているUSB端子に挿すだけで、ノイズを抑えたクリアなサウンドが実現するという。このアイテム、2013年に発売した同社BD(ブルーレイディスク)レコーダーに付属されて以来、改良が続けられてきており、2015年にはMkⅡ版がBDレコーダーに同梱されていた。

ノイズを抑える仕組みは、内蔵コンデンサーにあり、これにより電気的なノイズの遮断、吸収を図るもの。その大きな効果を得るために、従来のマイカコンデンサーとは異なる独自の構造を持つSEコンデンサーを専門メーカーと共同開発しているという。

内部は、コンデンサー以外にも回路基板や配線材に高品位パーツを使い、振効対策としてガラスエポキシを内部に充填。ボディーはアルミ削り出しで、上下を篏合(かんごう)させるという、オーディオファンも納得のこだわった構造。オープン価格で、実売は3万円前後と、ちょっとお高いがマニアなら使ってみたい一品に違いない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
姉から送られてきた、3Dプリンターで作った精巧な「トヨタのエンジン」の動画が話題に!
2017年冬の決定版!"完全ワイヤレスイヤホン"の狙い目モデル5選
Googleのスマートスピーカーの最高級機Home Maxが発売、音質重視の製品だ
エレコム、4K解像度の360°映像を撮影できる生活防水対応のVRカメラ「OMNI shot」を発売
日本の町工場が開発した超高精度ハンドスピナーがMakuakeに登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加