ヤマハとサントリー、好調続くか=ラグビー・トップリーグ、3日に再開

  • 時事通信社
  • 更新日:2016/12/01

ラグビー日本代表戦のため、約1カ月中断されていたトップリーグが3日に再開される。9節を終えてヤマハ発動機とサントリーが9戦全勝で、パナソニックと神戸製鋼が7勝2敗。残り6節、この4強が激しい優勝争いを繰り広げそうだ。

ヤマハは開幕戦で前回王者パナソニックを倒して勢いに乗った。清宮監督がこだわって強化してきたスクラムを軸に、攻守に安定した戦いを続けている。不安材料はプロップ仲谷らFWが6人も代表に招集されたこと。長期遠征の疲労がどう影響するか。

サントリーは昨季9位の低迷から立て直した。序盤は苦戦しながらも、FB松島らバックスが決定力を発揮して無敗をキープ。24日のヤマハ戦は大一番になる。

4連覇を狙うパナソニックはSO山沢ら若手を多く起用してヤマハとサントリーに屈したが、第5節から5連勝と上り調子だ。神戸製鋼はWTB山下楽らバックスを走らせる戦術が機能。4強では最も失点が多いだけに、13季ぶりの優勝には粘り強い防御が求められる。

過去5度優勝の東芝は4勝5敗と不調。ただ、個々の能力は高く、巻き返す可能性がある。上位陣との対戦を多く残しており、優勝争いの行方を左右しそうだ。(2016/12/01-18:35)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
彼氏にバレちゃうよー!「危ないHされちゃいました...」体験談2つ
Apple「iPhone6sのバッテリー問題は製造時の空気露出のせい」
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
榮倉奈々『タラレバ娘』で結婚後初ドラマ 「一生懸命、演じたい」
成宮寛貴「コカイン疑惑報道」を完全否定 『ねるねるねるね』説も急浮上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加