レアル、ネイマール獲りへ本気? ベイルとクロースをPSGに差し出す考えも

レアル、ネイマール獲りへ本気? ベイルとクロースをPSGに差し出す考えも

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/14
No image

パリ・サンジェルマンのネイマール【写真:Getty Images】

レアル・マドリーは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールを獲得するための条件として、MFトニ・クロースとFWガレス・ベイルをPSGに譲渡することも検討しているという。スペインメディア『ドン・バロン』が伝えた。

マドリーの宿敵バルセロナで活躍していたネイマールだが、今年夏にはPSGが契約解除金2億2200万ユーロ(約294億円)を支払って同選手を獲得。だがここのところ、将来的にマドリーへ移籍する可能性もあると噂されている。

マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、「遅かれ早かれネイマールの獲得に成功することを確信している」と『ドン・バロン』は伝えている。来年夏であれそれ以降であれ、ネイマールは「いつか白いユニフォームを着る」と見込まれている。

だが獲得に要する費用は、給与なども含めれば総額4億ユーロ(約530億円)を超えることが予想される。その金額を引き下げるため、主力選手の2人をPSGに譲り渡すことも考えているとのことだ。

クロースは以前からPSGが関心を示している選手であり、放出したとしても「代役を比較的簡単に見つけられる」とペレス会長は考えているという。ベイルは負傷に苦しんでいるが「今でも市場で高い価値がある」選手で、取引に含めることでネイマールの獲得費用を大きく引き下げられると期待されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「イカルディは来季レアルでプレーする」。元清水・マッサーロ氏が断言する理由は...?
レスリング吉田沙保里の恩師がひた隠す東京五輪新星の重大事故
“2メートル男”クラウチがプレミア新記録樹立。本人は「誇っていいのだろうか?」
「日本の教育は世界一」...鹿島MFレアンドロ、母国メディアに残留希望を明かす
イブラ、11年ぶりに“王座陥落”。スウェーデン年間MVPの連続受賞途切れる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加